Sponsored Link

【剣道】道場選びと親の心構え②

道場の選び方②

あなたが子供を強く育てたいと思うならば

「可愛い子には旅をさせよ」です

友達がいて楽しく

稽古(けいこ)できる環境も重要ですが

全く知り合いがいない道場に入門しても

子供はすぐに仲良しになれます

「〇〇君がいるから、あそこの道場がいい」は

聞かなくて大丈夫です

大切なのは将来です

詳しい選定方法

実は剣道は地域によって温度差があります

あなたの地域がどのあたりか分かりませんが

剣道の強豪が一番多いのは九州(私見です)

次に関東・関西、そして北海道

もちろん各県に全国大会の常連道場は存在します

剣道人口が多い地域は当然レベルが高くなります

Sponsored Link



全日本剣道道場連盟・スポーツ少年団

ここからはちょっと専門的になりますが

剣道大会には主に以下の

3団体の主催のものがあります

1、剣道連盟

2、剣道道場連盟

3、スポーツ少年団

剣道団体であれば1には加盟しているはずです

差が出るのは2.3に所属しているか

両方に加盟している必要はないのですが

オススメは

道場連盟に加盟している道場

を選んでもらいたいのです

子供さんが試合に参加できる機会が

おそらく10倍以上になります

どんなに稽古をしようが

試し合い(試合)の機会がなくては

「井の中の蛙」で終わってしまいます

さきほど10倍と書きましたが

道場連盟自体が何十回と

大会を企画しているわけではなく

道場連盟に加入している

道場の指導者は目的意識が高く

そういった指導者同士の

横のつながりによって

地方ローカル大会の出場権を得ています

ローカルといっても舐めてはいけません

小学生だけで

1,000人以上参加している大会もあります

本気になれば毎週試合に行くことも可能です

したがって

「道場連盟に加入しているか」の確認は必須です

理想はもう一点

理想をいえば

子供さんの同じ年の子が何人いるか

もしくは上下で何人いるか

別章で詳しく書きますが

剣道は個人戦もあれば団体戦もあります

団体戦は通常は5人でチームを組みます

昨今、同学年で5人揃えられる道場はごくわずかです

実際に見学に行き、雰囲気もヨシ

そして道場連盟にも加入している

道場が見つかればGOです!

余談ですが

○○道場・○○剣友会・○○剣道クラブ・○○剣道教室

基本的には中身は同じです

「流派」なども聞いたことがあると思いますが

少年剣道では全く関係がありませんので

気にしなくて大丈夫です

迷ったときは私に連絡を下さい

全国で強豪と呼ばれている

道場名は頭の中にインプットされています

ここまでをまとめると

ネットではなく役所で加盟道場の確認をする

実際に見学に行く

雰囲気などを肌で感じる

(保護者や指導者の雰囲気)

※指導者は怖くて当たり前です

道場連盟に加盟しているか確認をする

次は親の心構えです

結構、こちらのほうが子供より辛いかも

>>>親の心構え①憧れの日本武道館

>>>【強豪道場】平成30年度・強いと呼ばれる団体抜粋/全国大会予選

スポンサーリンク



広告
Sponsored Link
Sponsored Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

広告
Sponsored Link