Sponsored Link

剣道3段の飛鳥氏の再逮捕・インターハイ出場経験・元自衛官の父

なぜ?

いきなりこのページを訪れてくれたかたへ

説明をさせていただきます

私は日本一の少年剣士を育てる理論と方法

ブログで綴っています

現在、2人の子供とも県大会チャンピオンになりました

タイトルの

「なぜ?」は

なぜ覚せい剤なんか

なぜ剣道家が

というような内容を書くつもりではなく

ニュースを見ていて

お父様が素晴らしい人だったことを知り

そんな環境で育ち

飛鳥氏がインターハイにまで出場をした経験あると知りました

このページは

今日まで書いてきた内容とは少し違うので

カテゴリー

「未分類」に収納します

「なぜ」については

なぜ人間は間違いを犯してしまうのかについて

ちょっと真剣に考えたかったからです

お父様は

息子は剣道をしていたので

犯罪を犯す人間ではないという

ニュアンスのコメントしています

これについて

一般コメントも多数あるのですが

「剣道を過信している」などもありました

私は正直、剣道をやっているからといって

パーフェクトな人間に育つとは思っていません

剣道は人間形成を目的としているので

そうありたいとは思っていますが

警察官だって犯罪いを犯し

公務員だって違反をします

したがって

「〇〇だから〇〇はしない」

当てはまらないと

言わずとも分かり切っているのです

今回のように

息子を信じたい気持ちからくる発言は

私も子供が何かをやらかしても

最後まで信じてやれるのは親であるべきだと同感する部分があります

しかし、犯罪は犯罪であり

証拠があれば有罪となり、

親であろうが否定・拒否はできません

人はなぜ犯罪を犯すのか?

犯さない人との違いは?

それを救ってあげる方法は?

原因は各人の環境・心境・状況が

「あるタイミング」で重なったときが

犯罪スタートなのでしょうか

「これはいけないことだ」とは分かっているはずです

心が弱い

魔が差した

なんて言葉も聞きますが

それも後から付けたタイトルでしかありません

やはり結論が出ないから

未然に防げないケースもあり

世の中から犯罪が無くならないのでしょう

>>>オリンピック参加と審判

>>>子供にやらせたい時に役立つ「道場の選び方」と「心構え」

>>>プロフィール

スポンサーリンク



広告
Sponsored Link
Sponsored Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

広告
Sponsored Link