Sponsored Link

剣道【竹刀の軌道修正】右手打ちの弱点/原因と克服法

そもそも右手打ちとは

「右手で打っている」と

注意される子供がいます

では

注意されている子供は理解できているのでしょうか

子供の発想は単純で

左手よりも右手に力を入れて打っている

そんな程度にしか理解が出来ていません

右手首が支点となってしまっている

ということを具体的に教えてあげなければ

直るものも直らないし

直せる大切な機会を失ってしまいます

なぜ右手打ちはダメなのか?

まず理論的なことが

よく分かる説明がある

動画を発見しましたのでご覧下さい

なぜ右手打ちがダメなのか

弱点の部分がよく分かると思います

実際に右手打ちの竹刀の振りを

後ろから見るとよくわかります

あなたの子供さんが

右手打ちで注意されていているようならば

後ろからビデオを撮ってあげてください

本人も一発で理解してくれます

右手打ちの場合は

後頭部の中心の右から振り下ろしています

右肩が先行して打っている状態です

切り返しを見てもわかります

右手打ちの子供の切り返しには特徴があります

1、左ヒジが打った時に曲がっている

2、左右面の際に左手が中心からズレている

いわゆる

チャンバラ剣道です

素人が棒を右から左から振っている状態です

左手は上下運動だけで

右手で角度(方向)を調整している

というイメージを強く持たせて下さい

この右手打ちのクセは

クセのほうでも強烈なもので

意識的に稽古をしても

なかなか直りません

ましては

地稽古や試合中にはやはり出てしまいます

かなり意識的に取り組むようにしてください

Sponsored Link



効果的な克服法

自宅でできる効果的な克服法があります

木刀でも竹刀でもよいのですが

座った状態で超スローの素振りをします

なるべく腰の回転ができない状態のほうが良いので

正座より「あぐら」をかいた状態がオススメです

右手打ちのクセがついている子供は

どうしても振り下ろす時に

右肩が前に出る状態(左ヒジが曲がる)を

無意識に作っていますので

腰が動かなければ

かなりの違和感があり

スローにすることによって

余計に辛くなります

辛さが実感できる状態になったら

左手一本で上下の

真っ直ぐな軌道を繰り返し

体で感覚を身につけて

そして右手は添えるだけ

という感覚でスロー素振りを反復練習します

このイメージがつかめれば

切り返しの際は

左手は上下運動だけで

左右の角度調整は

右手で行うということがわかります

超スローだと効果がありますので

是非試してみてください

単純な理由もある

ほとんどの子は右利きです

鉛筆だろうが、箸(はし)であろうが

右手が主体になってしまうのは仕方のないことです

しかしながら剣道は左手が大切です

右手ばかりを使っているので

左手の握力が足りないのも右手打ちの原因となります

私の子供が小学校時に半年ほどで握力がになった

自宅トレーニング道具です

実績がありますので

あなたの子供が弱々しいと感じるようでしたら

抜群の効果があります
握力【倍増】パワーボール

それでもダメなら矯正竹刀

理論で理解できて

実際に感覚でも理解できて

それでも直らない場合は

最終手段で

矯正できる竹刀を作ります

これは良いことなのか

判断に困るところですので

ご自身の判断でお願いします

【竹刀の柄を短くしてしまう】

36の竹刀の柄を35の物に

37の竹刀の柄を36の物に

場合によっては2ランク下にしてください

これによって右手打ちの子供は

右手コック打ちができなくなり

大変な違和感が出ます

そこで左手の小指から3本に力を入れて

打つように教えれば

強制的に直ります

最終手段として覚えておいて下さい

>>>面を素早く(速く)打つ方法【決まる打ち方】

>>>【練習法・筋トレ】素振りは効果あるのか?

>>>芸は身を助ける【剣道が強くなることによって】将来性

>>>TOPへ

スポンサーリンク



広告
Sponsored Link
Sponsored Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

広告
Sponsored Link