Sponsored Link

【剣道】親の心構え②指導者は怖い存在がよい

親の心構え②

次はメンタル的な心構えです

剣道の指導の罵声は当たり前です

「このアホ」

「やる気ないなら帰れ~」

「そんなこともできないのか!」

などなど

そして竹刀でお尻を叩かれるぐらいは

当然だと思って下さい

これは剣道未経験者の親から見ると

子供が可哀想で見ていられない状況です

昨今、体罰という言葉が

市民権を得ていますが

紙一重の状況は

剣道稽古では毎日です

ゲンコツが体罰といえばそうだし

罵声も心の体罰といえばそうだし

面の上から竹刀でブッ叩くのも体罰だし

キリがありません

要は

親の心構え一つなのです

もちろん一線はあります

素手で殴ったり

「死ね」なんて言葉を吐くような

指導者がいる道場とは

即刻サヨナラして下さい

Sponsored Link



覚えておいて下さい

剣道理念は

人間形成です

強い弱いの前に

その人間性を問われるのが剣道です

厳しい言葉を発する指導者でも

愛情があり、本気であればこそです

そういった指導者の下での稽古であれば

勝ち負けより大切な

「人の道」を習得できます

剣道界の指導者は昔気質の人が多く

私は先生だ!指導者だ!と別枠で考えています

いわゆるフレンドリーな関係を好みません

悪気はないのでしょうが

それを理解していないと

「あの先生偉そうに」

なんて感情になってしまいます

偉いのか?

偉くないのか?

もちろん偉いのです!

剣道の月謝は一般的には2,000円前後が多数です

そのお金も運営費で消えてしまいます

無給なのです

報酬もなくあなたの

子供の指導をしてくれているのです

偉いという表現よりは

尊敬に値するはずです

まずは心構えとして

指導者は怖い存在でありますが

言動を直球で受け止めず

感謝の気持ちを持って接することです

⇒⇒⇒ 親の心構え③【保護者も見られている】

⇒⇒  トップへ

スポンサーリンク



広告
Sponsored Link
Sponsored Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

広告
Sponsored Link