Sponsored Link

寒稽古・稽古はじめ【剣道】極寒でやる効果・本来の意味

寒稽古の意味

最初に一般的な

寒稽古の意味をネットから引用いたします

寒中の一定期間,武道などの練習を早朝に行う日本古来の修行法。柔道や剣道において実施されており,現在では早朝に限っていない。寒さから逃避するのではなく,それに積極的に取組み,技術修得よりもむしろ精神力の養成に力点をおくことに意味がある。

となっています

どんな効果があるのか

ここが難しいところです

剣道をやっていない人からすると

寒稽古の経験がありませんので

何の意味があって

そんなことをするの?

と思われます

実は何度も経験している私ですら

「この為に?」

と思う節があります・・・

一番寒い時期とされている

1月にわざわざ早朝に集まって稽古を始める

そして

道場の窓を全て開放して

極限まで寒い状態を作ってから稽古を始める

ん~

ドMですね・・・

足は寒いのをお通り越して

痛いという表現がふさわしいでしょう

その状況で稽古をしたところで

技の上達は見込めないような気がします

結論的には

精神修行

の為に寒稽古は存在するのでしょう

確かに人生において

あの時より寒い経験をしたことがないように思えます

それを考えると

たいがいの寒さには

気持ち的に余裕ができます

他の史書に書いてありましたが

武士はどんな寒さの中でも平常心を保てるために

最高に寒い時に修練をする

まさしく

寒稽古はそんな意味や効果があるのではないかと思えます

最近では

体育館も冷暖房完備であったり

極寒の稽古がない道場もあるようです

逆に私の時代より

今は温暖化で夏になれば

普通に35℃を超えたりします

冷房のない体育館の稽古は

私の時代より辛いと思います

時代によって稽古法も変化する

それもありなのかな?

と思う今日このごろです

>>>インフルエンザにスポーツ選手がなってしまったら【再開時期と飲料】

>>>芸は身を助ける【剣道が強くなることによって】将来性

>>>TOPへ

スポンサーリンク



広告
Sponsored Link
Sponsored Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

広告
Sponsored Link