Sponsored Link

剣道【段位】取得年齢と合格率は

剣道段位の取得年齢

剣道の未経験者からしてみれば

○段と聞いたところで

「どれだけ凄いの?」って感じだと思います

これからじっくり説明をしますが

最初に

剣道の最高段位は8段です

最短で8段を取得するのは46才です

昔は10段までありましたが2000年(平成12年)に廃止されました

さて、8段まで46才がわかりましたが

次が取得資格について詳しく書いていきましょう

昇段の資格

※現在、初段は満13才が受審資格となっています

引用元:http://blogimg.goo.ne.jp/user_image/30/00/47e5c5888ec6f8a3baf159da56a7f5bc.png

いかがですか?

表も見てもらえれば分かりますが

剣道の段位は強いだけではダメなのです

4段を取ったら4年待ち

5段を取ったら、また5年待つなどになります

特例もあるのですが、あくまで特例ですので割愛いたします

8段がどれだけ凄いか分かると思います

Sponsored Link



称号

剣道は高段者になると

段数の他に「称号」まであるのです

基準は下記

(付与基準)
第10条

称号は、錬士、教士及び範士とし、第11条に規定する受審資格を有する者であって、次の各号の基準に該当する受審者に与えられる。

  1. 錬士は、剣理に錬達し、識見優良なる者
  2. 教士は、剣理に熟達し、識見優秀なる者
  3. 範士は、剣理に通暁、成熟し、識見卓越、かつ、人格徳操高潔なる者
(受審資格)
第11条

1. 称号を受審しようとする者は、個人会員であって、次の各号の条件を満たさなければならない。

  1. 錬士 六段受有者で、六段受有後、別に定める年限を経過し、地方代表団体の選考を経て地方代表団体の長から推薦された者
  2. 教士 錬士七段受有者で、七段受有後、別に定める年限を経過し、地方代表団体の選考を経て地方代表団体の長から推薦された者
  3. 範士 教士八段受有者で、八段受有後、8年以上経過し、地方代表団体の選考を経て地方代表団体の長から推薦された者、又は全剣連の会長が適格と認めた者

引用元:http://www.kendo.or.jp/kendo/ranking_titles/#all

合格率

初段は約80 – 90%、
弐段は約60 – 70%、
参段は約40 – 50%、
四段は約30 – 45%、
五段は約20 – 30%、
六段は約10%、
七段は約8 – 10%、
八段は1%未満

いかがでしょうか

8段は1,000人が受験しても1桁しか合格できないのです

もし、あなたの周囲に8段先生がいたら素晴らしい環境ということになります

段数が高ければ良いというものでは無いのかもしれませんが

剣の道を志す人にとっては

昇段が一つの目的となり、稽古をする励みになると思います

>>【防具】にこだわる子供の魅力と将来性/腕前と比例するのか?

>>【ルール以上に大切?マナー】について「保護者・監督」

>>【剣道】子供にやらせたい時に役立つ「道場の選び方」と「心構え」

スポンサーリンク



広告
Sponsored Link
Sponsored Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

広告
Sponsored Link

コメント

  1. うずまき より:

    重箱隅申し訳ございません。
    もうかなり前から、初段は中学二年生以上ではなく、満13歳以上に変更になっていると思いますので、誕生日と審査開催日によっては中学1年生の初段もたくさんいますよ~。

    • 本気な 親 より:

      うずまき 様

      この度は当ホームページへの訪問に感謝申し上げます。
      また貴重なご指摘に感謝申し上げます。
      そうですよね!確かにおっしゃる通りです。
      表自体は他者様作成を引用させて頂いていますので下部に赤字にて
      訂正を入れさせて頂きました。
      ありがとうございます。